11時に起きた.目覚めが悪いし,喉も少し痛む.

アニメを見た.見たはずなのだがタイトルすら思い出せない.

レポートの続きにとりかかる.大量の画像を貼り付けることに何とか成功するも,体裁を整えるのに時間がかかった.雑務処理にすり減らされるのは大変つらい.

数値計算における刻み幅を"適切に"定めるとは何か,という設問があった.一言で言うなら「許容誤差の範囲内で,ループ回数を減らすようなるべく大きな刻み幅にする」みたいな感じだろうか.1年前の数値解析のノートに同じ話が書いてあって参考になった.当時は精度が良くなるならいくらでも刻み幅を小さくすればいいだろ,と思っていた気がするが,実際に自前の計算機で実装するとなると,メモリの管理や計算時間といったものの方が重要だなと感じた.ある程度の雑さで先に進んでいかないといつまでたっても足踏みするだけで終わってしまうというのは生活においても似た感じだよな,という雑なまとめをして明日に備えることにする.